上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通勤途中で、ふと、吾妻山を見たら、雪うさぎが!!

雪うさぎとは・・・
早春のころになると山肌に残る雪がうさぎのような形に見えることから、この残雪は「雪うさぎ(吾妻の雪うさぎ)」と呼ばれ、福島市民に春の訪れを知らせる風物詩となっている。昔から雪うさぎが見えるようになると、農家の人々が苗代に種をまき始めたところから、「種まきうさぎ」とも呼ばれる。(Wikipedia)

わたしが雪うさぎの見つけ方教わったのはここ数年で、一度見つけてからは、毎日変化を楽しんで見ていました。
耳が小さくなってくると、犬や猫みたいな形にも見え、形が無くなると、なんだかさみしい気持ちになります。
ちなみに、福島市でも南より北の方が雪うさぎは見つけやすいです。

それにしても、まだ、2月なのに雪うさぎが見えるなんて。
今シーズンは雪があまり降らなかったのだなぁと、改めて思います。
こんな内容のブログを書いて、この先ドカ雪が降る可能性もあるかな?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。