通勤途中で、ふと、吾妻山を見たら、雪うさぎが!!

雪うさぎとは・・・
早春のころになると山肌に残る雪がうさぎのような形に見えることから、この残雪は「雪うさぎ(吾妻の雪うさぎ)」と呼ばれ、福島市民に春の訪れを知らせる風物詩となっている。昔から雪うさぎが見えるようになると、農家の人々が苗代に種をまき始めたところから、「種まきうさぎ」とも呼ばれる。(Wikipedia)

わたしが雪うさぎの見つけ方教わったのはここ数年で、一度見つけてからは、毎日変化を楽しんで見ていました。
耳が小さくなってくると、犬や猫みたいな形にも見え、形が無くなると、なんだかさみしい気持ちになります。
ちなみに、福島市でも南より北の方が雪うさぎは見つけやすいです。

それにしても、まだ、2月なのに雪うさぎが見えるなんて。
今シーズンは雪があまり降らなかったのだなぁと、改めて思います。
こんな内容のブログを書いて、この先ドカ雪が降る可能性もあるかな?
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
本年もより一層尽力をしてまいりますので、旧年同様の
ご高配を賜りますようお願い申し上げます。
誠に勝手ながら、平成30年12月30日(月)~平成31年1月6日(日)まで
年末年始の休業とさせていただきます。
何かとご不便をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。
来年も本年同様、変わらぬご厚情を賜りますよう、
よろしくお願い致します。
お盆休み前に「お盆を過ぎたら、暑さも和らぐだろうね」と話していたのですが、30度を超える暑さが続いていますね。
この夏、救急車のサイレンが聞こえるたびに、現場で働く職人さんたちは、元気だろうか、熱中症になっていないかと心配になっていました。
8月もあとわずか。
9月になれば、もう少し涼しくなるのかな。

平成30年4月7日 兵庫県で開催されたシーリングの技術を競う大会
全国シーリンググランプリ(S-1)大会で弊社社員が優勝しました。
同年2月22日に宮城県で開催された東北地区予選会では準優勝をし
全国大会までの1か月、更なる技術の向上を目指し、努力した結果
白河の関を超え、東北へ初めて優勝旗を持ち帰ることができました。

ご支援いただきました皆様、厚く御礼申し上げます。

これからも引き続き、技術の向上・若手職人の育成に邁進して参ります。

1.jpg

2.jpg

3.jpg