夏至を過ぎて
だんだん日が短くなるのかと思うと、何だか切ないさみしい気持ちになります。
これから夏に向けて、気温が高くなるので、日が長いと体が持たないですよね。
今年も、熱中症にならないように、対策をしっかりしましょう。
しっかり食べて、十分な睡眠をとって。こまめな水分補給と、無理しないように休息をとって。
何度も聞いて、わかりきっていることですが
自分だけでなく、職場で、家で、地域で
お互いに気を配りながら、この夏を乗り切りましょう。
最近、交通死亡事故のニュースが多いですね。
事故原因で最も多いのは漫然運転だそうです。
ぼんやりと何か考え事をしながら漫然と運転を
していて事故を起こしてしまうケースが多い
ようです。少しの気の緩みで重大な事故につながる
という事を肝に銘じて運転をする際は、十分に注意
しましょう。
誠に勝手ながら、平成31年4月28日(日)~令和1年5月6日(月)まで
休業とさせていただきます。
何かとご不便をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

平成を令和に書き換える訂正印が売れているとニュースで見ました。
昭和から平成に切り替わるときに使ったであろう訂正印が、会社のはんこ入れの中にあります。
先輩方は、あのころ訂正印でたくさんの書類を直していたんだろうな。大変だったに違いありません。
今は、パソコンで何でも楽にできます。訂正印も今回は購入せずに済みそうです。

令和は、どんな時代になるのでしょう。

争いがない
平和な世の中であってほしいと
願うばかりです。

日に日に厳しい寒さも和らぎ、春の陽気を感じられるように
なりました。今年は暖冬の影響で桜の開花が去年より早くなるとのこと。
花見山の桜はツボミが少しずつ膨らみ始めているみたいです。
暖かい日が続けば3月中に開花もありえるそうなので早めに情報を
チェックしながら見に行きたいと思います。
通勤途中で、ふと、吾妻山を見たら、雪うさぎが!!

雪うさぎとは・・・
早春のころになると山肌に残る雪がうさぎのような形に見えることから、この残雪は「雪うさぎ(吾妻の雪うさぎ)」と呼ばれ、福島市民に春の訪れを知らせる風物詩となっている。昔から雪うさぎが見えるようになると、農家の人々が苗代に種をまき始めたところから、「種まきうさぎ」とも呼ばれる。(Wikipedia)

わたしが雪うさぎの見つけ方教わったのはここ数年で、一度見つけてからは、毎日変化を楽しんで見ていました。
耳が小さくなってくると、犬や猫みたいな形にも見え、形が無くなると、なんだかさみしい気持ちになります。
ちなみに、福島市でも南より北の方が雪うさぎは見つけやすいです。

それにしても、まだ、2月なのに雪うさぎが見えるなんて。
今シーズンは雪があまり降らなかったのだなぁと、改めて思います。
こんな内容のブログを書いて、この先ドカ雪が降る可能性もあるかな?